Breadcrumbsについて

Breadcrumbsとは?

Breadcrumbsとは

Breadcrumbsは家でおもてなしをしたい「ホスト」と

お家を体感したい「ゲスト」をつなぐプラットフォームサービスです。

 

ひとことで表すならば

誰かのお家でご飯を食べるサービス」です。

サービスシステム上から、行きたいお家を選んで実際に行き、楽しむ。

 

ホストのお家で美味しい料理や家族の雰囲気、

文化や会話を楽しむことができます。

Breadcrumbsは日本語で「パンくず」という意味を表します。

 

自分が持っているパンを誰かに分け与えるように、

それぞれの人が持つ良さを他の誰かに与えて欲しいという祈りを込めて

Breadcrumbsというサービス名をつけました。

サービスの利用方法

BreadcrumbsはWebにあるサービスページから利用可能です。

ホストがお家をサービス上に掲載し、ゲストが予約をすることでサービスシステムを利用することができます。

 

ホストの流れ

①新規ユーザー登録をする

②ホスト登録申請をBreadcrumbs運営にする

③お家をダイニングとして投稿

④カレンダーで予約可能な日を選択して投稿完了

⑤ゲストが予約をしたら、承認してブレクラを開く

ゲストの流れ

①新規ユーザー登録をする

②行きたいお家を探す

③予約・決済

④予約した日時にホストのお家でブレクラ

 

*決済は、クレジットカードかデビットカードですることができます。

予約から決済まで、すべてWeb上で完了する仕組みとなっています。

Breadcrumbsの魅力

Breadcrumbsは、「誰かのお家に行く」ということをコンセプトにしたサービスですが、

どんなところに魅力があるのかお話します。

飲食店や娯楽施設、もう一つの選択肢としての「お家」

日本にはたくさんの飲食店娯楽施設があります。

コンビニに関しては全国で6万店舗近くあるのです。

空腹を満たすことは難しいことではありません。

 

しかし、飲食店や娯楽施設より

馴染みがあるのに、あまり注目されない場所。

そして、お腹も心も満たすことができる場所

それが「」です。

 

日本全国どこにでもあるのに、

1つ1つ特徴が違うのが「人の家

 

そんなホストのお家で、

独特の雰囲気を楽しみながら

素敵な出会いがあるでしょう。

飲食店や貸しスペースよりも、

誰かのお家でゆったりしながらお話をしたり、

手作りのご飯を食べることができるのが魅力です。

カフェでお話するのも良いのですが、

たまには落ち着けるお家でお話するのもよいのではないでしょうか。

また、海の近くのお家や、

おしゃれな街のお家

自然に囲まれたお家などもあり、

 

それぞれのお家のホストの方が

特徴的で面白いというのも

Breadcrumbsの魅力です。

 

いつもの生活の楽しみに「誰かのお家」という

選択肢を加えてみるのはいかがでしょうか?

Breadcrumbsサービス説明はこちら

Breadcrumbsという文化

Breadcrumbsにおける出会いは、

利害関係のある出会いではありません。

 

お家という空間でお話することで、

心と心が繋がる経験をすることができます。

不思議な体験です。

 

普通に飲食店などでお話するよりも、

誰かのお家でお話するだけで

全然違ったものになります。

 

独特の柔らかい雰囲気があるのです。

受け入れられているという感覚を味わえるので、

自然とリラックスすることができます。

 

ビジネスマン同士が、

お家で話すだけで少年のようになったりもするのです。

 

また、2回目以降は顔見知りの状態になり、

1回目より和やかな雰囲気の中で楽しめる人が多くなります。

 

お家の安心感は玄関から始まる

なんだか言葉では表せないのだけど、ブレクラは安心する

ゲストの方がそんなことを伝えてくれました。

 

誰かのお家に行くとき、

人間は心を解放する瞬間が来ます。

それが、靴を脱ぐ時です。

 

日本の文化として、

靴を脱いで家に上がるという文化があります。

 

なぜか家は心が解放される

というのは靴を脱ぐ時から始まっているのです。

 

靴を脱ぐという行為そのものが

お家に帰ってきた感覚」を想起させ、

安心感を持たせるのだと思います。

 

娯楽としての食事

「食事」の場は、

本来何よりもプライベートな空間です。

 

動物の場合、

食事中は敵から襲われる可能性があります。

だから、ひっそりと隠れて食べる動物が多いのです。

 

人間の場合はどうでしょうか?

お腹は空いていないけど、誰かと食事をする

という経験があるはずです。

 

ひとりで食事をするよりは、

気を許せる誰かと話でもしながらする食事の方が美味しいものです。

 

作業のように食べ、

お腹を満たすことができてもそれは一瞬。

腹を満たすだけの食事をずっと続けていると、

心は虚しくなってしまいます。

 

最近は

ネットを通してのコミュニケーションは膨大に増えましたが、

相手の表情、温度感を感じながらのコミュニケーションは減ってしまいました。

 

様々なものが発達して、

どんな健康なものを食べたら良いか

ということばかりが注目されがちですが、

もっと大切なことは、

安心して誰かと共に食事すること」なのではないでしょうか。

多くの社会問題を解決できる可能性を秘めている

多くの問題は、思いやりや関心の欠如から生まれます。

 

将来的にはBreadcrumbs日本全国に広めて、

誰かのお家に行って楽しむことが当たり前

という文化を作っていきたいと考えています。

 

このサービスが日本全国に広まったらどうなるでしょうか?

私たちは、多くの社会問題が解決されると信じています。

 

高齢化問題、片親の問題、アレルギーの問題、いじめの問題、高血圧、糖尿病・・・

プロや専門家でなくとも、

誰かに気軽に話すことさえできれば

心が軽くなるのではないでしょうか。

人口減少が進んでいる地域、

高齢化が進んでいる地域でも

Breadcrumbsという文化を広めたいのです。

 

沢山の人が活発に関わり、

それぞれのお家に人が行き来することで、

また、旅行客が地元のお宅へ遊びに行くことで、

その地域が活性化するはずです。

 

そうして、今まで関心を向けられていなかった場所に関心が向けられ、

孤独死や疎外感、寂しさからくる問題も減るでしょう。

 

おじいちゃんおばあちゃんのお家に若者が行って、

お腹いっぱいご飯を食べながら皆んなで話す。

そんな空間を作れたら素敵だなと思うのです。

 

Breadcrumbsに関わる全ての人と共に、

このサービスを通して温かい世界を作りたいと考えています。

創業者の声

Breadcrumbsを始めた理由は

「第二の居場所」となるような場所を作るためです。

 

「家」という存在体には、

言葉で表すことが難しい

大きなパワーを感じます。

 

インテリア、家主の趣味・思考、

その家庭ならではの料理、

そこに住んでいる家主、

すべてが合わさってその人の家という

「文化」を産みだしているのです。

 

友人宅で遊び惚けていた学生時代に、

温かく迎え入れてくれた家主と家があったことがサービスの発端です。

そのような空間はとにかく「温かい」のです。

 

・何気なく他愛のない会話

・真剣な会話

・そこに集まる人々と生まれる親近感

・テレビゲームやふざけあい

すべてが「家」にあるあらゆる要素と詰まり詰まって、出来ている”愛”のあるサービスです。

 

おしゃれな空間を味わうこと、

誰かと共に食事をすること、

生活の中でまったりとした空間を過ごすこと、

旅先での文化を味わうこと。

 

本当に様々な用途でBreadcrumbsを使うことができます。

 

靴を脱いでから始まるお家の体験を、

ぜひとも味わってみてください。

 

Breadcrumbsサービス説明はこちら